飲食店の売上・利益を向上させる、シンプルなアイデアを3つご紹介!

グルメサイト運用 全てのNEWS

飲食店を開業したけれど、売上が思い通りに伸びない
出費が膨らんでなかなか利益が生み出せない

飲食店を営んでいると、売上に関する悩みは尽きないですよね。

立地やターゲットをしっかり吟味してオープンしても、
コロナのような予想外の事態で不振に陥ってしまうこともあり、安定した成績を上げ続けるのは至難のワザです。

この記事では、そんな売上に関する悩みにお答えするために、
売上や利益をシンプルに向上させてくれる
3つのアイデアをご紹介します!

食材での差別化

あなたのお店のキラーコンテンツ(看板商品)は何ですか?

そのキラーコンテンツは、食材から調理工程、盛り付け、
食後の満足感まで、こだわりが詰まっていますか?

売上向上のための第1歩として有効なのは、
看板商品の食材で周りのお店との違いを作るということです。

お店のPRポイントの中で、食材は
最もわかりやすく、他店との違いを見せるものの一つです。

コツは「固有名詞」を用いること。

黒毛和牛」という他店もよく使用するワードを使うより、
近江牛」などの固有名詞を用いた方が、
そのお店の特徴が浮き彫りになりますよね。

固有名詞を用いると、お客さんから見ても透明性が増すので、
PRから「胡散臭さ」がなくなります。

さらに重要なのは、
なぜその食材を選んだのか?
それを食べるとどんな「お得感」があるのか?
まで説明できること。

この2点までPRに落とし込めれば、
あなたのこだわりと、
お客さんに対する愛情がかなり伝わりやすくなります。

他店との違いは、
お客さんの来店理由を明確にするきっかけになります。

まず第1歩として、看板商品の食材で
他店との差別化を図ってみることをオススメします。

Googleマイビジネスでの情報更新

実店舗のPRとして最も簡単に、かつ無料で始められるのが
Googleマイビジネスです。

中でもお客さんとのコミュニケーションツールになり、
集客に大きく貢献してくれるのが、
投稿」と「口コミへの返信」の2つです。

投稿では、「最新情報」として
お店のキャンペーンやクーポンをPRできます。

Twitterのように、
お店のタイムラインに写真付きで投稿できるので、
Googleユーザーにお店の魅力をPRしやすいです。

また、口コミへの返信は、
お客さんの意見に対するお店の誠意を見せる上で非常に重要です。

・来店や意見に対する感謝の気持ち
・なぜそのような接客対応をしているのか?
・評価してもらった料理に対するこだわりは何なのか?

こういった情報を返信で記載することで、
経営者の「」が想像しやすくなり、
その経営方針ストーリーに共感してくれる人が増えます。

グルメサイトのように一方的にお店から発信するだけでなく、
お客さんとのコミュニケーションも大事にすることで、
柔軟で誠実な集客を実現することができるでしょう。

お店をエリアに定着させていくには、地道なPRが不可欠です。
まずはGoogleマイビジネスから、
あなたのお店の魅力を広めていきましょう。

モバイルオーダーの導入

モバイルオーダーとは、
店内のテーブルにQRコードを設置し、
お客さん自身のスマホでそれを読み取ってオーダーを飛ばしてもらう、というものです。

売上や利益の向上に向け様々なメリットをもつシステムなので、
簡単に解説します。

ホスピタリティ(おもてなしの質)の向上
スタッフがオーダーを取る必要がなくなるので、
お客さんを待たせることがなくなり、
お客さんのストレス軽減につながります。

結果として「便利なお店」の印象が付き、
リピーターの獲得に大きく貢献してくれます。

人件費削減
ホールスタッフのタスクが減るため、
ホールに多くの人数を配置する必要がなくなります。

ホールを1日に1人削減しただけで、
月でどれだけの人件費削減になるか、
経営者のあなたはご存知かと思います。

客単価向上
ピークタイムにもお客さんを待たせないので、
注文の獲得機会を逃しません。

さらにキャッシュレス会計も紐づけておけば、
現金を確認することなく注文・会計ができることから、
客単価が上がる、という利点があります。

以上のような理由に加え、
コロナ対策としても有効なモバイルオーダー。

ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

あなたのお店の売上向上に向け、STABBLEが共に歩かせていただきます!

この記事では、
手軽に実行できる3つの代表的なアイデアをご紹介しましたが、

STABBLEではさらに網羅的に、
時代のニーズお店の特徴に合わせて、
集客のアイデアを提案しております。

「広告の費用対効果を上げたい」
「エリアのニーズをもっと詳しく知りたい

このような悩みをお持ちでしたら、
ぜひ一度、以下のフォームからお問い合わせください!

関連記事

この記事へのコメントはありません。