ぐるなびをあなたのお店の武器にしよう!基礎知識と、集客効果UPに向けた戦略を解説!

おすすめ記事 グルメサイト運用 全てのNEWS

グルメサイトのパイオニアとして、古くから飲食店の集客を支えてきた『ぐるなび』。 業績悪化が報道され事業の過渡期に差し掛かっているとも言われているぐるなびですが、エリアによってはいまだその集客力は健在。

業界最大手であり多くの飲食店が登録していますが、

そもそもぐるなびの強み・弱みがわからない。
どういったお店が有料掲載をすべきなのかわからない。

と迷う経営者様も多いのではないでしょうか。

本記事では、ぐるなびの基礎知識をまとめ、集客力を伸ばしていくコツをご紹介します。

1.ぐるなびの基本から再確認

まずは、「ぐるなび」とはどんなサイトでどこまでが無料なのかなどについて再確認しましょう。

1-1.ぐるなびとは?

株式会社ぐるなびが運営するグルメサイト「ぐるなび」は、1996年に飲食店検索サイトの先駆けとして開設されてました。以来、グルメサイト最大手の一つとして業界をリードしてきました。

“日本発、世界へ”をテーマに日本の「食」を様々な人に届けるビジネスを展開。 ぐるなび会員数は1,900万⼈(2020年7⽉1⽇現在)。 2018年7月に楽天と資本・業務提携契約を締結して以来、ネット予約で楽天ポイントを付与するなど、両社の親和性を生かしたサービスを展開しています。

1-2.店舗情報を最も詳しく掲載できるグルメサイト

ぐるなびに掲載できる情報量はグルメサイトの中でも特に多いです。
最大6つのメニュー一覧やこだわり、タイプごとの席情報など情報充実度はグルメサイトの中で一番といっていいので、どんな店舗でも豪華なホームページを作ることができます。

もちろんネット予約にも対応可能。 現在はネット予約で楽天スーパーポイントが付与される仕様になっています。

1-3.どこまでが無料?

最小限の店舗情報(住所や電話番号)は無料で掲載可能です。
しかし、店舗のPR(メニュー、席。こだわりなど)をする上では1万円の「ビギナー会員プラン」以上の契約をする必要があります。

2.ぐるなびの有料プランについて詳しく解説!

有料契約のプランは大きく、月額1万円のビギナー会員プランと、月額5万円以上の『販促正会員プラン』に分けられます。

ビギナー会員プラン』では店舗ページで詳細までPRが可能になり、ネット予約を受け付けることができるようになります。

対して『販促正会員プラン』からは、店舗にマンツーマンで担当営業がついて販促計画の提案などを受けられるようになり、
アクセスや予約を伸ばす販促商品を組み込んだり、販促金額を一緒に決定したりすることになります。

ここで決める販促合計金額(最大60万円)によって、
ぐるなび内検索のどの位置に表示されるかが大きく決まるので、
販促金額は頻繁に見直し、調整する必要があります。

2-1. 販促商品のご紹介

『販促正会員プラン』として契約すると、契約金額の中から
どの販促商品に投資するのかを検討することになります。

販促商品の例としては、
新着情報
特集
検索上位PRバナー
ぐるなびブースト
といったものが挙げられます。

このほかにも、過去に来店したお客様にダイレクトメールを送る商品や、
海外のお客様向けの店舗ページを作成する商品などもあります。

どの商品も、基本的には店舗ページへのアクセスを増加させるものなので、ページを訪れるお客さんに魅力を伝え、来店につなげられるかどうかは、ページ内でのPRの仕方次第となります。

2-2.ぐるなびレストラン検索時の順位

ぐるなび内の掲載順位は複雑なロジックによって決定しており、ここでは順位決定における重要事項をいくつか挙げます。

ジャンル設定(全100%のうち何%をそのジャンルに振っているか?)
情報充実度
ページ内の特定個所の更新頻度
ネット予約設定

主にはこれらの要素が順位決定の要因だといわれています。 上記の要素が同条件であった場合、掲載費用の高い店舗が優遇される傾向にあります。

※これらの条件以外にも順位を決定づける要素がありますが、あくまで代表的なものです!

3.ぐるなびのメリット

以下の理由から、ぐるなびは集客力の高い媒体として外食産業を牽引しています。

【信頼・実績からくる安心】業界トップの圧倒的なブランド力があるため、掲載している店舗に対してユーザが抵抗なく予約ができます。
【予約したくなる特典】楽天と業務提携をしたため、予約と同時に楽天ポイントが溜まるようになりました。5000万人以上の楽天ユーザが予約のしやすいサイトになっており、楽天経済圏内のサービスとなったことは大きなメリットです。

また、食べログやRettyなどと比較し口コミ投稿機能が活発に利用されているとは言い難い状況のため、低評価による風評以外の影響を受けにくい媒体になっています。

4.ぐるなびのデメリット

特に都内や地方都市では、競合店舗との価格競争が激化しており上位掲載のための掲載費用の高騰が散見されます。

販促費の最高額は実に月額60万円にのぼるもので、ネット販促費用に大きな金額をかけられない個人店には手の届かない金額までインフレしているエリアもあります。

有料プランを利用される際は販促費に見合った売上を立てられるか、よく市場調査を行う必要があります。

5.ぐるなびで集客アップするには?

ぐるなびで集客を大幅アップさせる方法は数多くありますが、代表的なものをご紹介します。いずれの施策も、ぐるなびを使用するユーザが行きたいお店を探しやすい、予約しやすい環境を整える『ユーザビリティの向上』を狙った施策であることを前提として頭におくと理解しやすいかもしれません。

ページ内の「こだわり」の設定も検索結果に影響します。

5-1.こまめな情報の入力・更新が命!

ぐるなびは他のサイトよりも入力項目が多く編集に労力がかかります。正直、入力が面倒だと思われるそこのあなた…頑張って全部埋めましょう!笑 

情報の充実度が検索ロジックに影響を与える可能性があり、ユーザから見ても情報が充実しているお店の方がより魅力的に見えるという定性的な面もあります。お店を魅力的に見せる情報のすべてをぐるなびで発信しましょう!

予約数UPに裏技はないのです。

5-2.ネット予約の設定を見直しましょう!

有料プランになるとネット予約機能がついてきます。

現在、ぐるなびネット予約設定方法によって検索順位に大きく影響を及ぼすと言われています。

ネット予約在庫が実態よりも少ない設定になっていないか、お店が混み合う時間「ピークタイム」にもネット予約が受け付けられる状況になっているかなど、ユーザに対して安定したネット予約環境が整えられているか確認をしてみましょう。

6.まとめ

いかがでしたか?
ぐるなびの特徴を簡潔にまとめると、以下のようになります。

ネット予約で楽天ポイントが貯まる、豪華な店舗ページ
ビギナー会員プランと販促正会員プランがある。
販促正会員プランでは、契約金額と販促商品を営業担当と共にしっかり検討する必要がある。
信頼と実績があり、予約特典も魅力的。ただし販促費が高くなりがち。
こまめな情報入力と予約設定で集客効果を高められる。

もしぐるなびへの有料掲載を検討されているのであれば、
以上の点を抑えて、将来的にいくらの売上・利益を作り出せそうか、しっかり整理しておきましょう。

広告費倒れを防ぐために!
「STABBLE」があなたのお店の販促を無料チェックします。

ここまでご紹介してきました『ぐるなびの基礎知識と集客効果UP戦略』ですが、自助努力により一朝一夕に売上が上がることはやはり珍しいです。

しかし、STABBLEではオーナーご自身では気づくことが難しい改善ポイントを見つけ出し実行していく作業を300店舗以上行ってまいりました。

【検討すべきポイント】
・売上が伸び悩んでいる店舗への課題抽出
・改善案のご提案
・競合店舗の調査、エリア調査からお客様の最適な広告費用を算出
・編集工数の多さからページの更新が滞っている店舗への専門ライティング

上の項目に一つでもご興味がある方は、WEB予約UPをミッションとした居酒屋専門コンサルティングチームのSTABBLEへぜひご相談ください。

食べログやホットペッパーについての対策記事もございます。詳細はこちらから!

◆食べログ
https://stabble.biz/2020/08/27/食べログ集客に力を入れたい!基本知識から集客/

◆ホットペッパー
https://stabble.biz/2020/09/16/ホットペッパーグルメからの売上を増加させたい/

関連記事

この記事へのコメントはありません。