Q.お金も時間もかけたくない!飲食店の「インスタグラム集客」の基礎って?

居酒屋の経営Q&A

インスタグラムで集客したいけど、投稿に割く時間がありません。
週1ペースの投稿がやっとです…。

お金と時間をかけずに、
インスタから来店に繋げるにはどうしたら良いでしょうか?

以下の4点を意識してみてください。
①新規のお客さんに見つかりそうなハッシュタグ
②写真の統一感
③投稿1つ1つに「物語性」を持たせる
④身近に感じてもらえる言葉遣い


①新規のお客さんに見つかりそうなハッシュタグ
 ハッシュタグは新規のお客さんを獲得するための大事なポイントです。
 特に近年は若者を中心に、ハッシュタグ検索で食べたいものを検索し、おいしそうな店を見つけ、予約する人が増えています。
 自分の投稿が、どんな検索で見つかるとお客さんに来てもらえそうか、しっかり意識してタグ付けしましょう。

#渋谷グルメ
#銀座ディナー
などの「エリア+飲食ワード」は検索数も多くオススメです。

また、投稿するメニューをハッシュタグに入れて
#スイーツ部
#日本酒好きな人とつながりたい
といった、インスタグラム特有の流行ハッシュタグも添えておきましょう。

②写真の統一感
 すべての写真のサイズ・アングル・色味を統一させることで、アカウントからお店の「コンセプト」が伝わりやすくなり、ファン獲得につながります。
 特に料理・ドリンクなどのメニュー写真は、背景や撮るテーブルを毎回同じにして、統一感を持たせましょう。

③投稿1つ1つに「物語性」を持たせる
 お客さんはお店の持つ「物語」に共感して、ファンになってくれます。
 お店にあるメニューやインテリア一つ一つを取り上げ、紐づいている物語を紹介してあげましょう。

・どんな生産者の、どんな食材を使っているのか?
・調理時のこだわりは何なのか?
・お酒の酒造はどこで、なぜそのお酒を置いているのか?
・内装はどんなコンセプトがあるのか?

などなど、物語にできる要素はたくさんお店に詰まっているはずです。

④身近に感じてもらえる言葉遣い
 インスタグラムの文章は、「話し言葉」で書くのがおすすめです。
 グルメサイトや他のサイトで書くような広告文ではなく、
「○○じゃないですか?」と問いかけてみたり、
「○○しちゃったよ~!」と日常を発信してみたりして、
投稿に親近感を持たせましょう。

お客さんにお店を身近な存在ととらえてもらって、
「とっつきやすいお店」になると、ふとした来店につながりやすくなります。

回答者 社員・菅原

関連記事

この記事へのコメントはありません。