個人経営の飲食店でオススメの集客術!ポイントは「オーナーの顔を想像させる」こと

グルメサイト運用 全てのNEWS

公開日 2021年1月28日 /最終更新日 2021年1月28日

個人で飲食店を経営しているが、お客さん集めに困っている
大手のような多額の販促費をかけずに、効率的に集客したい

このような集客の悩みをお持ちの、個人経営オーナーさんも多いのではないでしょうか?

大手のように多額の広告費を割けない個人店では、
より確実にお金のかけどころを見極める必要がありますよね。

この記事では、個人経営の飲食店が的確に広告を打ち、
費用対効果をUPさせる
ためのアイデアをご紹介します。

ポイントは「オーナーの顔を想像させる」ことです。

Googleツールの活用

まず何より先に、自店専用のGoogleアカウントを作成しましょう。
無料で作成できます。

Googleは日本の検索エンジンの75~80%のシェアを占めているので、
オンライン集客において、Googleのツールを生かさない手はありません。

主に集客に生かせるのは、「Googleマイビジネス」と「Google広告」の2つのツールです。

【Googleマイビジネス】
Googleマップで知っているお店の店名を検索すると、
そのお店の住所や営業時間、写真などが出てきますよね?
あの情報を自店で編集・追加することができるのが「Googleマイビジネス」です。

中でも生かしたい機能は「投稿」と「口コミへの返信」です。

投稿でお店のお得情報やキャンペーンを随時更新し、
お店が常に動いていることをPRしましょう。

また口コミへの返信では、過去に来店し、レビューを書いてくれた方とコミュニケーションをとることで、店舗側の誠意をアピールできます。

「投稿」も「口コミ返信」も、お客さんに店主の顔を想像してもらうきっかけになるので、お客さんとの人間関係(信頼)が築きやすくなり、新規集客リピート来店の増加につながります。

【Google広告】
Google検索時やWeb上のあらゆるサイトに、あなたのお店の広告が打てるツールです。

Googleマイビジネスと違い、広告費が必要なので有料ですが、

日ごとに柔軟に予算調整ができる。
成果報酬型(広告がクリックされたときに初めて費用が発生する)
広告内容や配信箇所の自動化=手間が最小限

という点が他のオンライン広告と異なる大きなメリットで、
費用と時間の限られた個人経営店の集客にベストなツールの一つと言えます。

ただ、立ち上げと配信には少々専門知識が必要なので、
Googleスキルショップ」で知識を身に着けるか、
専門業者に委託するのが良いでしょう。

SNSでのコミュニケーション

SNSも、店舗とお客さんの距離を縮めてくれる効果があります。
利用しやすく、集客効果も高い「ツイッター」「インスタグラム」の店舗アカウントを作り、以下のように活用することをオススメします。

【ツイッター】
DMでの予約受付、期間限定キャンペーン配信、クーポン情報、店舗へお問い合わせ
などに活用できます。
手間を省きたい場合は、Googleマイビジネスの投稿と同じ内容で構いません。

ツイッターの最大の魅力である「拡散力」を利用して、
ツイッター限定特典を用意し、リツイートやいいねを獲得することで、来客につなげる方法もオススメです。

【インスタグラム】
写真がメインコンテンツとなるインスタグラム。
料理や店内の雰囲気、外観など店舗に来た時の「体験」を想像できるような写真を投稿しましょう。

またストーリーでは、ペットや趣味などオーナーの生活のひとコマを上げることで親近感や共感を呼び、
さらに今日取り揃えているお酒のラインナップなどのタイムリーな情報を提供して、マメで気が利く一面をアピールできます。

グルメサイトは低額でネット予約のみ

広告費を多く割けない場合、各グルメサイトは
最低限のネット予約が可能な状態にしておくことをオススメします。

理由は、グルメサイトでの予約で貯まるポイントが、利用者側にとって大きなメリットになっており、
ポイント目的で予約する層を逃さないためです。

各予約サイトで貯まるポイントの例は以下の通り。

ぐるなび:楽天スーパーポイント
ホットペッパーグルメ:Pontaポイント
食べログ:Tポイント

「ネット予約できるだけのプラン」というのは各サイト月額1万円ほどでできるので、この状態での掲載にしておき、他の手段でお店の認知を獲得していくのが良いでしょう。

※ただし、グルメサイトからの予約は「1人につき200円」などの予約手数料が店舗の負担になるので、その分値段を調節して掲載するなどの工夫が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

個人経営のお店で効率よく集客するには、
GoogleやSNSのツールでしっかりコミュニケーションをとり、

オーナーの顔を想像してもらう。

お店の背景やストーリーへの共感を増やす。

という戦略が効果的です。

オーナーや従業員の人柄を知ってもらえば、
お店とお客さんの信頼関係が作られ、リピートもしやすくなります。

ぜひ今回ご紹介した3ポイント、
・Googleツールの活用
・SNSでのコミュニケーション
・グルメサイトは「ネット予約のみ」

を意識して、少額の広告費でも安定した売上を作れるお店を目指してみてください!

Google広告の立ち上げやオンライン集客相談ならSTABBLEへ!

私たちSTABBLEはWeb広告やグルメサイトの運用に特化し、
来客数増加をミッションとした飲食店専門コンサルティングチームです。

この記事でご紹介した「Google広告」の立ち上げや運用、
グルメサイトの予算分配など、オーナーの右腕となり、オンラインマーケティングを行います。

集客を強化し、あなたのお店を知らない方に、その魅力をお届けする手助けをさせていただくので、
集客にお困りの際はぜひ一度、お問い合わせください!

関連記事

この記事へのコメントはありません。