ホットペッパーグルメからの売上を増加させたい方へ!基礎知識と集客を伸ばすコツを解説!

グルメサイト運用 全てのNEWS

日本の主要グルメサイトの1つであるホットペッパーグルメ。
有名媒体でありネット予約できる点から利用者は多いですが、

そもそもホットペッパーグルメの強み・弱みがわからない。
多数ある掲載プランからどれを選んだらいいかわからない。

という飲食店経営者も多いのではないでしょうか。

本記事では、ホットペッパーグルメの基礎知識をまとめ、集客力を伸ばしていくコツをご紹介します。

1.ホットペッパーグルメを基本から再確認

まずは、ホットペッパーグルメとはどんなグルメサイトなのか、無料プランと有料プランでは何が異なるのか、といった基礎部分を再確認しましょう。

1-1.ホットペッパーグルメとは?

ホットペッパーグルメとは、株式会社リクルートライフスタイルが運営しているグルメサイトです。

主に20~30代の若年層、そして女性からの人気が強い媒体で、 ネット予約利用者数予約できる店舗数予約満足度の3項目でNo.1を獲得しました。(2020年5月及び7月時点 株式会社東京商工リサーチ調べ)

クーポン利用やネット予約でポイントを貯めるといった、お得な使い方をするユーザーが多いことも特徴です。

1-2.「店舗ホームページ」「Pontaポイントが貯まる予約サイト」という2つの特徴

ホットペッパーグルメは店舗の基本情報を登録できるため、他のグルメサイトと同じように、店舗ホームページとして使うことができます。

また、ホットペッパーグルメのネット予約で付与されるPontaポイントは、「ホットペッパービューティ」や「じゃらん」など飲食以外のサービスで使えるので、お客様に還元されるメリットが大きいことで有名です。

1-3.どこまでが無料?

店舗情報の掲載のみであれば、無料で利用できます。
無料掲載でも写真や情報のPRは、有料掲載と遜色ないレベルですることができ、クーポンも3つまで掲載することができます。

ただし、「ネット予約機能」を使いたい場合は、有料契約が必要です。
また、ホットペッパーグルメの強みの一つでもあるシーン検索(女子会、誕生日など)で表示させたい場合も有料契約が必要です。

では無料プランと有料プランでは具体的に何が違うのか、次の段落で説明します。

2.有料になるといくらかかる?「基本プラン」と「オプション商品」をご紹介

ホットペッパーグルメの有料掲載商品は主に、
1年契約の「基本プラン」と短期契約の「オプション商品」に分けられ、
それらの合計金額が月の広告費となります。

以下で各プラン・商品について解説します。

※1 掲載費はエリアによって変動します。

2-基本プラン① BPPプラン

月額固定費10,000円の最も安価な基本プランです。
無料掲載プランにネット予約機能が付いたシンプルなプランで、
とりあえずネット予約できるページが欲しいだけ
という意図でBPPプランを契約する経営者は非常に多いです。

他のグルメサイトでお店を見つけて、最終的にポイント目的でホットペッパーから予約する人が一定数います。
最低でもこのBPPプランのページは用意しておいた方が予約率UPにつながるでしょう。

2-基本プラン② Bプラン

月額固定費40,000円のプランです。
BPPプランにプラスして、「特集」を2本設定できるようになります。

「特集」とは店舗の特徴を表す要素で、選んだ特集テーマの一覧ページに店舗が載るようになります。
「内装がオシャレなお店」「誕生日・記念日サービスあり」などのテーマがあり、エリアによっては70種類以上あります。

また、Bプランでは、特集ページを含むほぼすべての店舗検索ページで、BPPプランの店舗よりも上に表示されます。

2-基本プラン③ Aプラン

月額固定費69,000円のプランです。
特集は3本設定することができ、クーポンは5つまで掲載することができます。
各検索ページの表示順位もBプランより上になります。

2-基本プラン④ SSプラン

月額固定費120,000円のプランです。
特集は6本設定可能になり、クーポンも6つまで掲載可能です。
各検索ページの表示順位もAプランより上になります。

飲食店の多い東京都でもエリアによっては、このSSプランで十分1ページ目の1番上に表示することは可能になります。

2-基本プラン⑤ SSPプラン

月額固定費180,000円のプランです。
特集は8本設定可能になり、クーポンはSSプラン同様6つまで掲載可能です。
各検索ページの表示順位は最上位となります。

新宿などのビッグエリアでは、平常時はこのSSPプランの契約店舗数が100件以上になります。

2-オプション商品① サブサイト商品

サブサイトとは、ホットペッパーが独自に設ける、利用シーンに特化した店舗の一覧サイトのことです。
(検索するお客様には「完全ガイド」や「ナビゲーター」と表示されます。)

忘年会など季節ごとにテーマの替わる「季節サブサイト」、
食べ放題のできる店舗の一覧ページ「食べ放題サブサイト」、
誕生日利用をPRしたい店舗のための「誕生日サブサイト」など数種類があり、
基本プランに追加する形で契約が可能です。

契約期間は最低3ヶ月、掲載費は月あたり10,000~15,000円(年間契約だと割引あり)です。

自店の人気利用シーンや強みに合うサブサイトがあれば、検討してみる価値あり、と言えるでしょう。

2-オプション商品② PR商品

ホットペッパー内の検索ページで、最上位に位置する「PR枠」に表示されるようになる商品です。
同じ商品に参画している店舗の中から、検索時にランダムで1店舗もしくは2店舗が選ばれ、表示されます。

主な種類は「SP(スマホ)上位PR」「特集PR」「サブサイト横断PR」など。
基本プランがSS以上の店舗のみ、契約することができ、単月契約が可能です。

価格帯は月80,000円のものと月40,000円のものに分かれています。
安くない出費なので、宴会シーズンなどお客さんの流入を大きく伸ばしたい時期の起爆剤ととらえるのが良いでしょう。

2-オプション商品② ポイント商品

ネット予約する際にお客さんに付与されるポイントが、通常の3倍もしくは5倍になる商品。
お客さんへのポイント還元率が高いお店」としてPRできるようになるので、大人数宴会の幹事さんなどにはとてもお得な印象を与えることができます。

月30,000円の「ポイント特集」は付与ポイントが3倍に、
月60,000円の「ポイント倍増PR」は対象コースの付与ポイントが5倍になります。

忘年会、歓送迎会など大人数の宴会が増えるシーズンに、 予約率を大きく上げることができる商品です。

幹事さんへの還元が大きくなるポイント商品はうまく使いたいところ

3.ホットペッパーグルメのメリット

ホットペッパーグルメの掲載メリットとして、まず挙げられるのは、
ネット予約手数料が1人50円と、グルメサイトの中で比較的安い金額設定になっていることです。(ぐるなび・食べログはどちらもディナー1人200円)

予約手数料はグルメサイトを選定・利用する際の難点ですが、他サイトと比較してこの1人50円という設定は、非常に良心的です。

また、ネット予約で貯まるPontaポイントが、その後美容室(ホットペッパービューティ)や旅行(じゃらん)に利用できるので、 来店客側の利用メリットが大きい、というのもホットペッパーグルメの魅力です。

その他、シーンごとの集客に強い(女子会、誕生日、食べ放題、忘新年会など)という点や、 若年層・女性の利用率が高いので、ターゲットの合う店舗は好成績を出しやすい、という点がメリットとして考えられます。

4.ホットペッパーグルメのデメリット

まず1つ目に、比較的に掲載費が高い点が挙げられます。
最大掲載料10万円の食べログに対し、ホットペッパーでしっかり集客プランを組むと、25~30万円ほどかかることがあります。

また、ここ数年のホットペッパーグルメは、特に都内近郊で、
Google・Yahooなど検索エンジンで検索した際(「渋谷 居酒屋」など)の表示位置が、食べログやRetty、ぐるなびより下に位置することが多くなっています。

有料掲載を決める前に、まずあなたのお店の地域での検索順位を調べてみることをお勧めします。

そして、ぐるなびと楽天が連携し、
ぐるなびのネット予約で楽天ポイントが貯まるようになってから、 「貯めたポイントを飲食以外のサービスに転用できる」という強みが、ホットペッパー独自のものではなくなった、という点もデメリットとして挙げられます。

5.ホットペッパーグルメで集客アップするには?

ホットペッパーグルメで集客力を強め、費用対効果を上げていくには、
具体的にどんな対策が必要なのか?
方法・考え方を以下でご紹介していきます。

5-1.基本プランはエリアの数字をもとに決定

商品の中で最も重要なのは基本プラン。
基本プランは年間契約なので、無駄な費用の発生を防ぐためにも、契約前のエリア調査はマストです。

契約前にホットペッパー担当者や窓口に、
同じエリアの各プランごとのアクセス数・予約数などの数字を可能な限りヒアリングし、自店に合った基本プランをじっくり検討しましょう。

5-2.毎月の分析と特集の組み換え

管理画面からダウンロードできる「クライアントレポート」を見て、アクセスや予約数の推移から改善点を見つけ出すことが重要です。

営業担当や窓口から、エリア平均とも比較できるさらに詳細のレポートも出してもらえるので、できればそちらも活用しましょう。

そもそものアクセスが少ないのか、アクセスは取れているが予約する人が少ないのかなど、課題はそのレポートから浮き彫りになってきます。

また、特集にはトレンドがあり、毎月人気のテーマが変化します。
加えて、季節限定で出る特集もあるので、基本プランは同じでもトレンドを逃さないよう、毎月特集を組み替える柔軟性を持ちましょう。

特集の設定画像が魅力的でなかったり、特集検索ページで同じ画像が2枚表示されていたりして、お客さんの流入を逃してしまっているお店もしばしば見かけられます。
画像設定は念入りに行いましょう。

5-3.オプション商品の短期契約で勝負をかける

サブサイト商品、PR商品、ポイント商品は短期的な予約数UPに有効です。
時期によって、
宴会の大人数予約をしっかりとりたい
女子会や誕生日などシーン利用を増やしたい
という狙いを設定し、ページ内容もテーマに沿う形に変更して、
商品の強みを最大限生かす戦い方がおすすめです。

特にポイント商品は、11月,12月,3月,4月の宴会の時期に活躍するもの。
幹事のお客様に「このお店はポイントが貯まりやすい」というお得な印象を与えるものなので、宴会シーズンに短期契約することを推奨します。

※PR商品、ポイント商品はともに安くない値段なので、無策で長期契約を結ぶのは避けましょう
狙いをもち、ページ内容も商品に合わせて編集する、という準備をして、商品の魅力を最大限に生かしましょう。

毎月の分析や商品検討には時間がかかりすぎるという難点も…。

ホットペッパーグルメは、毎月の分析と改善エリア状況の把握が大事なグルメサイト。
しかし、毎月効果的に分析をするのは時間と手間がかかります。

クライアントレポートは1つの判断指標にはなりますが、 競合やエリア全体のWebマーケットをとらえるのには不十分なので、クライアントレポートのみに頼って戦略を決定するのは危険です。

本来はエリアのマーケット全体を見渡し
「ホットペッパーにはいくらかけるべきか?」
を決める手順が必要です。
そのためにはマーケティングの専門知識と、ホットペッパー以外の様々なツールが必要になります。

新しく店を開いても、販促に関する知識が乏しく、
すぐに苦しい戦いに追い込まれるオーナーが多くいらっしゃるのが事実です。

Web販促の最適化を、「STABBLE」が一括で承ります!

グルメサイトWeb予約UPをミッションとしたコンサルティング専門チーム「STABBLE」は、
あなたのお店の分析・プランニング・ページ編集を一手に引き受け、
売上UPに貢献させていただきます。

ホットペッパーグルメを含めたグルメサイト、
そしてWeb全体をフルに活用して売上向上に努めます。

グルメサイト集客をあなたのお店の強みにするために、弊社のサービスをぜひチェックしてみてください!

関連記事

この記事へのコメントはありません。