グルメサイトだけじゃない!集客の為の飲食店オンライン化のススメ

グルメサイト運用 全てのNEWS

こんにちは、社員の菅原です。
テレワークで運動不足なのか、
顔とお腹のたるみが気になり始めた今日この頃..。

さて、
緊急事態宣言が発令され、3週間がたちました。
多くの事業者が、生き残るための手段を模索中です。

今日もお店の存続に向けて、
できることをやりましょう、というご提案を1つ。
テーマは「お店のオンライン化」です。

オンライン化って何?なぜ必要なの?


飲食店のオンライン化とは、

「インターネット上の様々な場所で、
自分のお店をお客さんに見てもらう」

ということです。


2019年、インターネット広告費が初めて2兆円を超え、
テレビの広告費を上回りました。(電通調べ

人が何か商品やサービスを探すとき、インターネットは
必ずと言っていいほど通る道になった
とも言えます。

そして、インターネットの隆盛と同時進行で、
飲食店とお客さんのふれあい方は多様化しています。
(SNS、YouTube、デリバリーサイトなど…)

Web上の様々な場所で収益化ができれば、
来店に一極集中することなく売上が確保できます。

また、
外食意識の減っている若者にもアプローチできるので、
長く愛されるお店になることも期待できます。


では、飲食店のオンライン化にはどんなサイトが有効なのか?
以下で大きく4種類、ご紹介していきます。

1.レシピ紹介

お店の人気メニューやおつまみを、
お手軽レシピとして紹介。
コロナ禍でのちょっとした料理を楽しんでもらいます。

Youtube

調理する姿を、工程・材料とともに、
動画でお届けできます。
お店にしかないような料理を家庭でも作れる、
ということを教えてあげましょう。

アカウント作成や投稿:無料
動画撮影:スマホでOK
メリット:お店と料理の宣伝、広告収入が入る

note

動画ばかりだとお客さんが疲れてしまうので、
画像と文字で、簡単に紹介してあげましょう。
ブログとしても活用可能!

アカウント作成や投稿:無料
メリット:サポート(寄付)してもらえる、ブログ運用

インスタグラム

性別や年齢層問わず、
幅広い人にレシピを届けられます。
魅力的な写真と簡潔な文章で発信してあげましょう。

アカウント作成や投稿:無料
メリット:利用者が多い、投稿が簡単

2.デリバリーサイト

コロナの影響で出店数が急増しているデリバリー。
家で手軽に店の味を楽しんでもらいましょう。

出前館

「エリア+出前」で検索するとまず出てくる出前館。
配達も出前館が雇った専門配達員が担当します。
3月にLINEが300億円を出資し、本格的に出前の最大手を狙っています。

初期費用:¥20,000
メリット:検索で見つかりやすい、配達の問題が少ない

UberEats

ユーザー数ダントツ首位のUberEats。
20代の独身者に特に人気です。
配達員は配達パートナーといい、単発のアルバイトのような立ち位置です。

初期費用:無料(タブレットが必要)
メリット:参入が楽、ユーザー数が国内1位

3.テイクアウトサイト

店舗での受け渡しなので、
お客さんにとっては安価、
お店にとっては楽なテイクアウト。
コロナの影響でこちらも新規掲載が増えています。

menu

最近CMなどでもよく見かける、
テイクアウトのポータルサイト。
初期費用やカード手数料などが無料です。

初期費用:無料
メリット:初期費用など4種の費用が無料、事前決済

Picks

お店側もスマホ1台ですべて完結するアプリ。
最短2日で審査完了&掲載開始できます。

初期費用:無料
メリット:運営が楽、初期・固定費・手数料ゼロ

グルメサイトでもPR可能

食べログやホットペッパーのホームでも、
「テイクアウトできるお店特集」がこの度スタートしています。

4.フードシェアリング(食品ロスの削減)

「テイクアウト始めても、食べ残りが出てマイナスになるのでは?」
という不安を解消するために、
売れ残りを安価で提供できる、
フードシェアリングサービスをご紹介。

Tabete

近くにいるお客さんに「レスキュー」を出して、
余ったお弁当を安く買ってもらえるアプリ。
売れ残りそうになったら、写真を撮って登録しましょう。

初期費用:無料
メリット:掲載費やサポート料も無料、初期設定までやってもらえる

Reduce Go

弁当だけでなく食材も提供可能!
材料費のロスをとにかく処理したい方へ。

初期費用:無料
メリット:月額費用や解約料も無料、もう使わない食材も売りに出せる

オンライン化がもたらすものとは?


オンライン化がもたらすものを簡潔に言うなら、

「お客さんがお店に来店するきっかけが増える

ということです。

オンラインの様々な場面で、
そのお店が提供するいろんなサービスに触れ、
それが良質だと、実際にお店に行き、
本物を食べてみたい、というきっかけになります。

「レシピを無料公開したらお店に来る人が減っちゃうのでは?」
という方も大丈夫。

お店では「料理」だけでなく、
内装や店員のサービスを含めた「体験」を提供しているはずです。

オンラインでは断片的にお店の魅力を見せるだけなので、
最終目標を「来店」にすることで、
すべてのサービスが来店のきっかけとなりえます。

オンライン化を
「来店のきっかけづくり」としてとらえ、
この機にできるところから始めてみてください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。